臭ピタッの成分が気になるので調査してみた!

体の臭いを消すサプリメントって、どうにも怪しい気がしちゃうんですよね(笑)

気になってしまったので、臭ピタッの商品詳細について調べてみたのでご覧ください。

項目 内容
商品名 臭ピタッ!(しゅーぴたっ)
販売 株式会社AIJ
原材料 べに花油、植物抽出液、ゼラチン、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、蜜蝋
臭いに有用な成分 シソの葉、キダチアロエ、柿の葉、緑茶葉、松葉、ヒノキの葉、ヨモギの葉、もみの葉、甘茶ツル、熊笹、サンショウ、人参の葉、レモン、シラカバ
(※全14種の天然植物抽出液)
内容量 31粒(1日1粒を摂取で1ヶ月分)
通常価格 税込み・2,052円
初回限定価格 税込み・1,080円
特典その他 1,080円での購入はおひとり様1回限りとなっています。
商品到着後8日以内であれば、未開封に限って返品ができます。
販売元の株式会社AIJの調査結果で、飲み始めてから3日以内に効果を実感する割合が75%となっています。

 

臭いが消えるということは、多分ですが香水のように香りを付けて誤魔化すだけなんだろうな~と・・・

そう思っていたのですが、調べてみたところ、そういったものではないみたいです。

臭ピタッは国産100%の天然植物成分を配合

臭いの元に作用する成分は14種類の天然植物成分となっています。その14種類はこちら!

『シソの葉、キダチアロエ、松葉、柿の葉、緑茶葉、ヒノキの葉、ヨモギの葉、もみの葉、サンショウ、甘茶ツル、熊笹、人参の葉、レモン、シラカバ』

何かの香りを付けて誤魔化すという方法ではなく、臭いの元に作用する有効成分が配合されているのがポイントです。

◆グリセリン脂肪酸エステル

グリセリン脂肪酸エステルという成分が、ちょっと怪しいな~と思ったのでチェックしてみることにしました。すると、この成分は「食用の乳化剤」だそうです。

一般的に「キャラメル・キャンディ」などにも配合されている成分で、現在販売されているサプリメントの多くに使われています。発がん性もありませんので、安心してください。

サプリメントというのは「カプセル」になっているものがあります。そのカプセルの原料に、グリセリン脂肪酸エステルが使われるので、現在販売されている様々なサプリメントの中に配合されているという事です。

このように、グリセリン脂肪酸エステルは、体に悪いものではなかったという事が分かりました。

◆蜜蝋(みつろう)

さて、臭ピタッの成分に「蜜蝋(みつろう)」という成分が配合されているのですが、こちらも聞きなれない成分ですよね。蜜蝋というのは、ミツバチの巣の元になっている成分だそうです。

ただ、そんな成分がどうしてサプリメントの中に配合されているのか調べていると、蜜蝋は簡単に溶けない性質を持っているので、品質を保持する効果があるからだそうです。

蜜蝋は保湿性が高いので、リップクリームにも使われている成分だという事です。発がん性もありませんので、安心して使っていただくことができます。

蜜蝋は、サプリメントのカプセルの原料として活用されている成分でした。

臭ピタッには、臭いの元に作用する「14種類の天然植物成分」が配合されており、カプセルでしっかりと有効成分を包み込んでいるという事が確認できました。

臭ピタッの成分をチェックしてみると、なかなか凄そうな雰囲気が伝わってきましたね!

臭ピタッに副作用はある?安全なの?

それでは1番気になる「副作用」についてお話をしたいと思います。効果を実感していないと口コミを書いた人の中で、副作用を感じたという人はいませんでした。

それから、口コミを隈なくチェックしてみたのですが、臭ピタッを飲んで「病的な異変が起きた」とか「体調が悪くなった」という副作用に関する口コミはありませんでした。

 臭ピタッには『シソの葉、キダチアロエ、柿の葉、松葉、緑茶葉、ヨモギの葉もみの葉、、ヒノキの葉、甘茶づる、熊笹、サンンショウ、レモン、人参の葉、シラカバ』といった、14種類の天然植物成分が配合されています。

国産100%の天然植物を使っており、「放射性物質検査済み(不検出)」になっていますので、安心して飲むことができます。

つまり、臭ピタッを飲んで副作用が出るということは「ない」と言っていいでしょう。メーカー側も言っているのですが、副作用の心配はないのです。

 それから、臭ピタッのパンフレットを見ると、こんなQ&Aが記載されていましたので、ご紹介しましょう。

 

Q. 薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?
A. 臭ピタッは食品であり、薬ではないので大丈夫です。

Q. コーヒーやお茶で飲んでもいいのでしょうか?
A. 臭ピタッは食品なので大丈夫です。

Q. アレルギーを持っているのですが、飲んでも大丈夫ですか?
A. 臭ピタッは植物抽出液を主成分としています。アレルギーというのは、何らかのタンパク質に反応をすることが多いのですが、臭ピタッにはタンパク質は含まれていません。植物を蒸して抽出された成分なので、アレルギー反応は起こりにくいと考えていいかと思います。

パンフレットには、臭ピタッが薬ではなく「食品」だという事が記載されていました。ですから、アレルギーを持っている方でも安心して飲むことが出来ると、メーカー側も教えてくれています。

それから、臭ピタッが手元に届いたときに「ごあいさつ」という手紙が同封されています。そこにはこんな事が書かれていました。

『臭ピタッは、薬のような副作用はなく、他の健康食品と一緒に飲んでも問題ありません』

臭ピタッが薬ではなく食品だから、成分に対して副作用もないですし安心して飲んでもらって大丈夫という、メーカー側からのお墨付きです。

こうやって丁寧に説明をしてくれることで、こちらも安心した気持ちで飲み始めることができますよね。実際に、口コミでも副作用を感じた人はいませんでした。

ちなみにですが、副作用というほどではありませんが、臭ピタッを飲んで「もしや副作用?」と感じる症状が1つあるようです。

それは、自分の体臭が臭ピタッを飲んで改善されたという人が、今までは気が付かなかった周りの人の体臭が気になってしまうというものです。これが唯一の「副作用?」のようなものです。

ですからネットなどで、臭ピタの副作用と言われているのは、こういった他人の臭いが気になってしまうという事なのかなと思います。

自分の体臭が改善されたことで、周りの人の臭いが気になってくるというのは、避けては通れないことなのかもしれません。ただ、周りにも臭いがキツイ人がいるのであれば、その時は・・・

なにげなく、「臭ピタッ!」をおすすめしてみてはいかがでしょうか。